大人しそうに見えて実は凶暴で荒くれ者|イタチを捕獲する前に知っておきたい情報

放っておくと怖い

house

食料品を荒らす

イタチは見た目は非常に可愛らしい雰囲気となっています。その為、害獣駆除を行なう必要も無いのではないかと考える人もいるでしょう。しかし、イタチは放っておくと様々な被害を引き起こしてしまいます。キッチンや食料品を荒らされるだけでなく、ペットにまで危害を加えることがあります。肉食獣でもあるので、人間に噛み付く可能性もあるでしょう。基本的にイタチの活動時間は夜間となっています。住宅に住み着いた場合、夜間に出くわしてしまう場合もあります。夜間に遭遇する可能性があるとなると非常に怖いものでしょう。放っておくのではなく、早めに捕獲して退治しておくことが大切です。

寄生虫や糞による健康被害

イタチによる被害は、他にも寄生虫による健康被害があります。野生のイタチには、ノミやダニなど様々な寄生虫がいるものです。そんなイタチが住居に巣を作り、生活をするということは寄生虫と生活しているということになります。住宅のカーペットやソファにイタチの寄生虫が住み着くこともあるのです。そうなると、アレルギー反応などを引き起こす可能性もあるでしょう。痒みやくしゃみ、湿疹等のアレルギー症状が出てきてしまいます。イタチの尿や糞から、感染症が引き起こされることもあるので、早めの捕獲が重要です。イタチが繁殖する前に捕獲しておくことによって、被害の拡大を防ぐことが出来るのです。業者に依頼すれば、捕獲後、巣となっていた場所の清掃や消毒もしてくれるので安心です。