大人しそうに見えて実は凶暴で荒くれ者|イタチを捕獲する前に知っておきたい情報

退治する方法

Weasel

狩猟許可が必要

イタチは今や人間に危害を加える害獣となっています。その為、害獣駆除業者でもイタチの駆除や捕獲を行なってくれます。イタチの退治として始めに行なわれるのが捕獲です。ゲージ等を利用してイタチを捕獲し、その後どうするか決めるのです。イタチを捕獲する道具などもホームセンター等で販売されている為、自分でも行なうことが出来るでしょう。しかし、ここで注意しておきたいのが、イタチの捕獲には専用の許可が必要ということです。狩猟期間内であれば、捕獲器やゲージなどを設置することができますが、期間外になると鳥獣駆除の許可が必要となります。自治体によって狩猟期間が違ってくるので予め確認しておくのが良いでしょう。業者に依頼する場合も、狩猟許可を得ているかどうかは確認しておくことが大切です。狩猟期間関係なく、メスのイタチは捕獲することが出来ないので注意が必要です。

罠を仕掛ける

イタチの捕獲をする時には罠をしかけます。その時には、イタチの好物となる食べ物を活用しますが、果物や唐揚げ等、少し臭いが出るものを選ぶのが良いでしょう。イタチは嗅覚を利用して食べ物を探します。その嗅覚を利用して捕獲するのです。イタチが通っている道やイタチの巣付近に罠を設置するのが良いでしょう。しかし、ゲージ等を利用してイタチを捕獲する場合、1匹しか捕獲することができません。複数のイタチを捕獲しようとするのであれば、それなりに罠の数も増やしておく必要があります。専門の害獣駆除業者に連絡しておけば捕獲方法までアドバイスをくれるでしょう。

放っておくと怖い

house

イタチは放っておくと様々な被害を引き起こす害獣です。食料品を荒らされるだけでなく、糞や寄生虫から健康被害を引き起こす可能性もあるのです。早めに捕獲をして対策することで被害の拡大を防げます。

詳しくはこちら

見積りと調査を依頼

3人の男性作業員

イタチの捕獲を業者に依頼する場合、まずは現地の調査から行なわれます。その調査結果によって捕獲方法を決め、見積りを出すことが出来るのです。見積りを依頼する時には優良業者か見分ける為に見積書までチェックしておく必要があります。

詳しくはこちら

二次被害対策まで行なう

furniture

イタチの捕獲をしたからと安心してはいけません。イタチが再び巣を作る可能性もあるのです。イタチの捕獲や駆除をした後は、業者に二次被害対策まで依頼しておくのが良いでしょう。

詳しくはこちら